2007年4月アーカイブ

スギ花粉入り食品にご注意 厚労省が注意書き指導を検討 2007年04月10日15時56分 朝日新聞

花粉症の人は、スギ花粉入りの食品に気をつけて――。厚生労働省は、スギ花粉症の人が口にすると、重いアレルギー症状を起こす心配がある健康食品が出回っているとして、注意喚起に乗り出すことになった。

 きっかけは、今年2月、和歌山県内の40代女性がスギ花粉のカプセルを飲み、意識不明になる事故が起きたことから。

 花粉症の治療に、スギ花粉エキスを少量ずつ注射し体を慣らす「減感作療法」という方法がある。業者は、この治療になぞらえてカプセルを販売したとみられるが、医師の指導のもとで行わなければショック状態に陥る可能性がある。カプセルは、医薬品でないのに、効能や効果をうたっていたため薬事法違反に問われ、現在は売られていない。

 女性は、その後、回復したが、厚労省が調べたところ、このほかにもスギ花粉入りの清涼飲料水やあめ、タブレットなど少なくとも10種類の商品がネット上で販売されていることが分かった。

 アレルギー患者が多い卵や小麦などを含む加工食品には、表示が義務づけられている。しかし、花粉入りの食品の販売は、厚労省にとっても予想外で、表示を義務化する根拠になる科学的データもない。また、いずれの食品も効果を明確にうたっておらず、規制できないのが実情だ。

 このため、厚労省は「健康被害と食品の摂取の因果関係ははっきりしないが、安全のためには注意喚起が必要だ」と判断。医師や薬剤師らが出席する調査会を16日開き、スギ花粉の表示や注意書きを販売業者に指導するかどうかなどについて話し合う。

 スギ花粉に悩む人は、国民の12%いるとされる。環境省によると、花粉の飛散は例年、5月上旬まで続くという。

 私は減感作療法を幼稚園のころから10年間続けた一人である。減感作療法は私にとって効果があり、現在もスギ花粉症には縁のない状態だし喘息もほどんどない。なので、厳密に緻密にそして、真面目に、王道で治療を受けられることを勧めたい。だけど、効果があるなら手軽な方法でなにかないかってと考えたことが今回の出来事の焦点のようにおもう。

 減感作療法っていうのは体が異物と捉えて攻撃する物質をちょっとづつ反応しない程度に注射で体内に少量づつ投入して最後は異物に反応しないようになる免疫状態を作り上げていくのがポイントなのである。なので、スギ花粉エキス入りの飲み物を飲んでも免疫が反応しなくなるどころか、下手をするとアレルギー反応がきつくなりすぎてアナフラキシー状態をおこすことだって考えられる。

 ここで誤解しないでほしいのは、症状が悪くなることを好転反応などと訳のわからんことを言う場合もあるが、減感作療法で病状が悪化した場合は、免疫が異物に反応しない程度の量に減量するのが王道である。悪化がいい反応ではない。また、胃から吸収したスギ花粉エキスの作用と、血液中に直接注入するスギ花粉エキスの作用が同じなわけないのである。

 何を好んでスギ花粉入り食品を製造したのか知らんけど、無知にもほどがある。

 ちなみに、スギ花粉とアレルギーとの関連性は厳密には、はっきりしていません。アレルギーも原因はわからないのが現状です。スギ花粉がアレルギーの原因のすべてではないということをここで断言しておきます。

アレルギー、指導表で管理=学校での配慮事項記載-年度内にも作成・文部科学省

 アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギーなどのアレルギー疾患を持つ児童・生徒について、文部科学省は11日、今年度中にも、医師の診断に基づく「学校生活管理指導表」を作成し、運動制限など学校生活上の配慮に生かす取り組みをスタートさせることを明らかにした。
 指導表には、ぜんそくやアトピー、花粉症を含むアレルギー性鼻炎などの罹患(りかん)状況、症状の程度のほか、発作が起きた時に飲む薬や緊急時の処置方法、連絡先などを明記する。
 また、例えばぜんそくの子供には▽掃除で黒板消しをたたく作業などを割り当てない▽体育で長時間のマラソンや縄跳びを避ける-など配慮すべき点も記載。疾患に応じて、食べてはいけない食材や宿泊行事の際の注意事項も盛り込む。
2007/04/11-16:55 時事通信

 文部科学省が義務教育中のアレルギー疾患を持つ児童に対して配慮事項を記載するのは画期的なことである。掃除の時間や、体育のつらさは健常者にはわからないことがあるだろう。

 そういえば、先日某教育大学の学生に上記の内容について同じような質問をされた。以前から教育系ではアレルギー疾患を持つ児童や生徒に対しての管理指導表の作成を考えていたということなのだろうか。

 アレルギー疾患を持つ人間が学校でどういう不都合があるかはまた後日詳しく述べていきたいと思う。

 サクラの咲く季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 下記のとおり、4月7日にskypecasts 4月14日にラジオ収録と集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 4月7日土曜日PM10:00~
 ・場所 スカイプキャスト
左側のMyskypecastsと書かれた欄の中にある、アトピー的ラジオ計画の文字をクリック。
 ・必要な物 スカイプが必要になります。
詳しい内容はhttps://skypecasts.skype.com/skypecasts/homeをご参照ください。

 ・日時 4月14日土曜日PM2:00~
 ・場所 PM2:00に阪急梅田駅CO-BIGMAN
(紀伊国屋書店入り口の隣、BIGMANの階段を挟んだ左側)
に集合して、その後移動します。
 ・参加費1500円
(カラオケボックス6時間の利用代金です。収録時間の後はカラオケオフ会です。ちなみに今までの平均収録時間は3時間ですので残りの時間はカラオケが出来ます。今後さらに安い場所があるかは検討していきます。)

※場合によっては花見に変更する場合もあります。

 ・内容 今回は、インターネットラジオで放送するための音源を収録します。
 普段アトピーのことで悩んでいることをみんなで話し合いながら解決するという放送を手がけていきます。(悩みがなくなるかどうかは当日の参加者次第!!)、一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費はカラオケボックス利用料金のみです(フリードリンク付)。

[map:大阪市北区芝田1-1-3]


上の地図が表示されないかたはこちらの地図画像を参照ください。

 時間に間に合わない方、遅れて参加される方はあらかじめアトピー的自由計画問い合わせ送信メールからメッセージをください。こちらから折り返し当日連絡させていただく方法をお知らせします。

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.292