2004年6月アーカイブ

「イラクの韓国派遣軍を撤退させよ、さもなければ民間人を惨殺する。」と言う人質事件があり、結果として無残にも民間人の金鮮一さんがなくなってしまうという結末を迎えた事件があった。

日本の場合、人質は無事解放されたが、韓国の世論はどうなっているのだろうと日本語で読める韓国新聞社(朝鮮日報)のページをみていた。

金鮮一さん死めぐり世論分裂が深刻
金鮮一(キム・ソンイル)さん殺害事件をめぐって社会世論が両分している。政治、宗教、価値観の差によって同じ事件が全く違った形で解釈され、それが新たな形の争いや対立へと発展している。
 「イラク派兵反対非常国民行動」が主催したキャンドル集会の参加者800人余が警察のバリケードを突破し、殯所周辺に集まってきた。殺害直前の金鮮一さんの切迫した様子を描いたプラカードが掲げられ、群衆は「金鮮一さんを助けろ!」、「派兵を撤回せよ!」と叫んだ。

 警察と群衆、報道陣が殺到し、霊柩車が進行すべき道路が多くの人で埋まり、金鮮一さんの遺体は20分余の間、殯所に入ることができなかった。

 同じ時間、殯所内の遺族は牧師たちと一緒に礼拝をしていた。ある牧師は「金鮮一兄弟は私たちの罪を代わりに背負い、残虐に殺されたイエスの精神を受け継いだ殉教者」と話した。金鮮一さんの遺体が殯所の中に入ってくると、賛美歌『ヨルダン川の向こう側(I shall see Him face to face)』が泣き声と共に響き渡った。外ではデモをしている群衆の歌う『広野で』が暗闇の中、鳴り響いた。

1日前の25日午後9時

 オ・ジョンリョル全国連合議長、ハン・サンリョン統一連帯代表が殯所を訪問した。「イラク派兵反対国民行動」所属でもある2人は遺族に「葬儀を“国葬”と行おう」と要請した。「国民行動」は今回の事件を派兵反対の雰囲気を拡散させる契機にしようとしているのだ。

 遺族らは教会の伝道師の親戚を遺族の代表とした。この代表は「鮮一の死には宗教的な意味がある」と話した。金鮮一さんの死がイエス・キリストの死と似ているという意見もあった。この日、ソウル・オンヌリ教会のパク・ヨングク長老など100人余の信者らが釜山を訪れた。

 「国民行動」は、市民団体で働くキリスト教の牧師らを通して遺族を再び説得した。しかし遺族らは結局27日、「キリスト教の形式に従った家族だけの葬儀」をするとした。国民行動はこの日午後、「遺族の意を尊重する」とし、「今後、葬儀には関与しない」と発表した。

24日午前10時

 ヨルリン・ウリ党(開かれたわが党の意)の李銀栄(イ・ウンヨン)議員が、焼香所が設けられたソウル・里門(イムン)洞の韓国外国語大学の本館を訪れた。金鮮一さんは外国語大学のアラブ語科を昨年卒業しており、李銀栄議員はこの大学の教授出身者だからだ。

 李銀栄議員が焼香所に入ろうとした時、総学生会所属の学生10人余が入り口を塞いだ。派兵反対の主張が書かれた垂れ幕と「国民か、米国か、いますぐ選択せよ」と書かれたプラカードを持っていた。

 学生たちは「汎国民派兵撤回請願運動」という内容の署名要旨を差し出し、「署名しなければ焼香所には一歩も入ることはできない」と話した。李銀栄議員は「教え子の死を哀悼しにきた人に、こんな大きな問題に対する確答を出せというのは無理な要求ではないか」と答えた。

 10分余後、李銀栄議員は焼香所に入るのを諦め、コンクリートの地面の上で金鮮一さんの遺影に向かってクンジョル(額を地面につけるお辞儀)を2回し、大学を後にした。

 アラブ語科学生会と法科大学生会は翌日、校内に「総学生会は故人の悲劇的な死を政治的手段として活用するな」という大字報を貼り、釈明を要求した。

 総学生会は26日、「派兵を強行する以上、またの死の危険が待ち受けているだけ」という大字報を校内に貼った。

24日午後7時30分。

 「イスラム寺院にブタの血を撒く運動を展開しよう」という書き込みがインターネットに掲載された。27日午後まで11人が参加を申し出ている。コーランにブタは極めて不潔な動物と記録されている。

 警察は全国主要都市のイスラム施設へ兵力を配備し、施設を綿密に捜索した。警察庁関係者は「ブタの血を撒くことは脅迫電話をかけたり、イスラム寺院で騒ぎを起こすことよりはるかに深刻な外交問題へと飛び火する恐れのある」とした。

 金鮮一さん事件以降、イスラム信者らも恐怖を感じている。龍山(ヨンサン)のイスラム寺院関係者は「土曜日になれば400〜500人もの人が訪れたが、今週の土曜日(26日)は100人足らずだけだった」とした。

 この記事を見ていて、この件における一方的な当事者批判が行われていない。そういう意味では、いろいろな解釈があり、いろいろな思想があって、その人たちがさまざまな表現をしている。これが普通の姿であると思うのである。(多分今の日本の世論では被害者が亡くなっているから質が違うという問題のすり替えを行うのだろう)
しかし日本ではそうではなかった。被害者であったはずの人質が国に迷惑をかける加害者と言う世論で彼らは貧地に追い込まれた。
 世論の偏りは決していいものではない。被害者は加害者となり加害者は被害者となるという言葉があるように、相手の事情も考えず一方的な意見の押しつけに他ならない。

 このような文章を書いている私はというと、決して偏っていないとは言い切れないのである。これからも記事や行動に対し、厳しいご批判をいただきながら、少しずついろいろな勉強をしていきたいと思う。 

松岡さんのページによりますと

「治療に不満」元患者の女、診察室で院長らに熱湯かける

22日午前9時20分ごろ、京都市右京区、財団法人高雄病院の1階外来診察室に入ってきた女が、持っていた鍋の熱湯を診療中の院長、江部洋一郎さん(56)と診察を受けていた女性(68)にかけた。

 江部さんと女性はいずれも右腕に軽いやけど。職員らが女を取り押さえ、駆けつけた太秦署員が傷害の現行犯で女を逮捕した。

 調べでは、京都府宇治市、無職、辻井清美容疑者(40)で、無言でいきなり熱湯をかけたという。鍋は自宅から持ち出し、病院の給湯室で熱湯を入れたらしい。

 太秦署や病院によると、辻井容疑者は約10年前まで同病院でアトピー性皮膚炎の治療を受けていたといい、調べに対し「治療に不満があった」と供述しているという。

(06/22 13:58)

 高雄病院の江部先生と言えば脱ステロイドが叫ばれだした1980代後半ごろから活躍されている先生である。この先生も脱ステロイドの治療先人的に行った、知る人ぞ知る先生である。その先生の病院で10年間の治療に対する恨みがあったというのは、なんとやるせないはなしだろう。裁判で成敗するか、熱湯で成敗するか、熱湯は捕まってしまうのだが、裁判は合法的なことなのでつかまらないし傷害にもならない。頭がきれるか、手が出てしまうか。世の中にアトピーの真実を求めたとき、アトピーの原因がはっきりと示せるものを患いながらも見えるか見えないか。見えたり見えなかったりする真実の中で、患者は判断材料の乏しさ、にこれだけ苦しまないと言う現実だけは、改めて一般の人にも考えてもらいたいものである。

アトピー悪化は医師の過失 医院に640万円賠償命令

 ステロイド剤の代わりに刺激の強い薬剤を用いた不適切な治療法でアトピー性皮膚炎が悪化したとして、東京都の女児(8つ)と両親が、都内で皮膚科医院を運営する医療法人と院長に約1150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、医院側に約640万円の支払いを命じた。
 女児らの代理人弁護士によると、非ステロイド治療で医院側の過失を認めた判決は初めて。
 判決理由で片山良広裁判長は「刺激やかゆみを感じさせる治療で、かえって症状を著しく悪化させ、全身衰弱をもたらした」と指摘。「医師として因果関係を知り得たのに治療を続けた過失がある」と判断した。
 判決によると、女児は足に湿疹(しっしん)が消えなかったため2000年4月、この医院を受診し、アトピー性皮膚炎と診断された。院長の勧めで、レーザー照射や刺激の強い外用剤を使った非ステロイド治療を受けたが、直後から全身に炎症が広がり、高熱や脱毛などの症状が続いた。(共同通信)

 この記事を見て、時代も変わったなぁと感じた。ステロイド使用での過失を追及する時代から、ステロイドを使用しないことでの過失を追及される時代になった。ステロイドを使用する、しないが争点ではないと思いたいが、今後は、非ステロイド治療をおこなってアトピーが悪化した場合、このような裁判が展開されるのだろうか。

 この記事だけではまだ詳細はわからないが、レーザー照射と刺激の強い外用薬の使用が悪化の原因とされている。この方法でアトピーを治すことに関しては私も無理があると思う。痛みを強めたり。レーザーを当てたりしても治る例は少ない。それよりも、アトピーに対する治療の方針が見えないのは問題だと思う。また保険適応外の薬が処方されて悪化したのか、それとも、法外な医療報酬でも請求していた事による損害なのか、もうすこし、情報の収集をしないといけない。しかし、もしも、ステロイドを使わない治療が、過失になると言う判決なら、これは非ステロイド治療は治療放棄であると言う、概念の固定化に他ならない。

追記として、非ステロイドの治療をしていた病院名と先生の名前がわかった。松岡氏の記事にも書かれているのだが藤沢皮膚科の藤沢重樹氏のようである。藤沢氏に直接会ったことはないのであるが、ステロイドを使わない治療をする先生として東京では有名だ。この事実を見たときに、前出の治療法が悪かったんではないかと言う批判は値せず、ステロイドを使わなかったことに対する判決と捕らえるべきであろう。

 アトピーの治療法に関して、ステロイドを使用しない医師は治療放棄した、などという審議が行われたのであれば、アトピーの原因についてどのような立証がなられたのか。また、ステロイドの副作用がまったくないことを証明されたのか。この点がはっきりしない限り、社会問題化しているアトピーの問題点を究明する裁判としては成立していないのも確かなのではないだろうか。

アトピー的自由計画のミーティングを6月19日の土曜日14:00~に
たかとりコミュニティセンターの食堂二階にて開催します。

皆さんのご参加お待ち申し上げております。

詳しい内容はhttp://www.atopy.org/takayamake/000037.htmlをご参照ください。

takatori.jpg

 前回、アトピー患者の苦悩 旅情編を書いてのだが、それを見ていた友人の家に、朝まで寝ないでしゃべっていた。

 最近、なぜか終電までしゃべっていることが多い生活をしているのだが、その流れでどうしても、終電に乗り過ごす事も結構ある。終電には無条件で帰ればいいのだろうが、なかなか雰囲気に勝てない自分もあるので、終電後は、友人宅についていくことがある。その際、私は他の人の家に寝て泊まる選択肢のない人なのである。

 私は友人宅で寝ないので始発で帰ればそれでいい人のなのだが、相手をつき合わすことは私の本意ではない。だが、他人が朝まで起きていられると、寝られないという人もいるようで、その部分では本当に他人に迷惑をかけているなぁと感じるのである。
 
 先日、他人が寝ていないと寝られない友人の家についていってしまったときに結局友人は、私が帰るまで起きていたのだが(決して無理強いをしたのではないのであしからず)
なぜ他人の家で寝られないのかを話し合ってみたのである。

 私の場合、旅行さえ楽しいというより不安が先に付きまとう人なので費用があっても行かない選択肢をとるのである。それと同じように、他人の家で寝ないのはなぜなのか、それは私の病状が非アトピーの人が見たとき奇異の目にさらされることと、バリバリと掻く騒音を友人に迷惑をかけたくないと考えてしまっていたのである。寝ないで帰るほうが、何事もなかったように終わるのだろうが今回のように寝ていてくれたほうがいいという友人は本当に理解できるのだろうか、わからないだろうなぁとずっと思っていたことは間違いない。

 しかし、その友人は私の病気に対する理解者で、市民活動でもいろいろな問題に関心を持って理解しようとする姿勢の友人にも壁を作っている自分が見えてきたのである。

 その話のとき友人に「バキバキ掻いたり、顔叩いたり、めっちゃ驚くよ」といったのだが、友人は「それよりも無味無臭な社会がおかしいんだ」といわれたときにハッとしたものである。

 彼のいう無味無臭とは、昔のように長屋や文化アパートの時代なら、隣の夫婦喧嘩や、酒飲んで暴れているおっさん、いびきのでっかいおっさんがいて、それを容認できる社会だったのに、今はちょっとした騒音でもすぐに消されていってしまう。

 その文化の中で私のような、無意識になると騒音を立てながら寝ないといけない人の立場は見えなくなるし、消えて行っちゃう事になるのだろう。確かに防音室で寝ないといけないなぁと考えることもあったのである。

 無味無臭な社会、私も考えれば無味無臭になることを望んでいるのかもしれない。そうでありたいが、なれない自分。無味無臭な人間だと思っている人は大事なものをなくしているという根本だけは忘れてはならないだろうと思う今日この頃である。

 最近、あとっぷというアトピーの患者会掲示板をのぞいたらえらい事になっていた。

http://bbs3.cgiboy.com/atop/

 このことについて、患者会の会長に問い合わせをしたところ、いたずらの書き込みに困っているとの事。

 患者会といえば患者同士の出会いの場と捉えられて、悪質出会い系のサイトからアプローチがあるのも、うなずけるのである。

 人を集めると言うことが、出会いだけを与えると言うことを趣旨にして会の運営をすると、出会い系サイトや、スーフリのようなコンパ集団と何が違うのかと言われると、それは主催者の仕切り方で変わるのだと思う。

 今回の件では、見せしめのためにも会長が当面置いておくと言っていたのでそのうち消されるのだろうが、どの会を主催する上でも同じ悩みを抱えるので今回の件もアトピー的自由計画で議論したいと思う。

厠 [独案内 -ヒトリアンナイ-]から見えない壁。越えられない壁。4より
アトピーサイトを巡りたくない理由編

「アトピー」関連のサイト巡りを始めると、悲しいかな「現在の治療法における疑問」が沢山あることに気付かされる。
 薬然り、病院の態勢然り、治療を受ける側にとっては深刻な問題である。・・・・正直、読めば読むだけ凹むのだ。
 あたしの場合、ストレスを溜めれば溜めるほど、イライラするほど手が身体に向かうので、自然と記事を読まなくなっているのだと思う。

 長年アトピーと付き合うことで、蓄積された感情だと思うのだが、『他人はあてにするな。自分の身体は自分が一番良く知ってるのだから』というのがある。
 あたしの中で、医者に対する信用度が薄いのも、民間療法に対する信用度が薄いのも、「アトピー性皮膚炎の方でも大丈夫」と謳われる市販の化粧品やらスキンケア用品に対する信用度がゼロなのも、過去の苦い経験から出来上がったものだ。
 父が化粧品関連の仕事に就いていることもあって、「化粧品の恐ろしさ」を知ったことも原因の一つかもしれない。

 何にせよ、新しいモノに手を出す時の『もし、これを使ったことで何か起きたらどうしよう』という思いは、なんとも言えない複雑な感情であることには変わらない。
 もの凄く大きな恐怖の中に ほんの小さな期待を忍ばせつつも、心のどこかでは手にする前から諦めている(諦めの感情を持っていないと、凹む度合いが高いのだ)・・・考えてみると、他のどんな事柄よりも神経を使っているのだと気づく。

 私も同じ思いである。どれだけ「アトピーが治る」という台詞に振り回されたことか。そういう意味では、アトピーが治る系のものを信じないで使ってみるように心がけるあたりの気持ちも、私と同じである。家電商品が好きな私の場合、空気清浄機に掃除機、エアコンの空調、洗濯槽の洗浄などだいぶ投資したものであるが、どれひとつとして、期待にこたえてくれたものはなかった。後になって冷静に考えればわかるのだが、体調の調子がいいときも、環境は関係なかったと思うと「あ、しまった」と思うのである。私は男性なので化粧品がアトピーに効くとはまったく思わないので、このあたりは、性別の差が出るのだろう。私の場合、ルックスが悪いほうなので、化粧品に凝ってみてもいいのかもしれませんが。。。

アトピーサイトを巡ってみて編
巡り巡って行き当たったサイトがあった。  「無断転載を禁ずる」とあるので、内容については触れないが、読めば読むほど複雑な感情に囚われたのだ。

 不覚にも 涙が出た自分がいて、『何で泣いたんだろう』と、感情が落ち着いた後 考えた。

 自分の持つ病気は、そう簡単に治るものじゃないから と、自分自身が半分諦めつつ取り組んでいる と思っていたけど、やっぱり『完治したい と思う気持ちがどこかにある』んだ と気付かされた。
 医者も民間療法も疑ってかかるクセがついてるけど、『信じたいと思う気持ちが まだ残っている』んだ と気付かされた。
 
 アトピーを持つ人の思いを、しっかり受け止めてくれる医者や企業に出会える人が増えて欲しい と、切に願う。 

 この部分に関しては、私も同じ思いです。やっぱり医学的科学的根拠を並べ立てて、解説されたものを見てしまうと、つい治ってしまうのなら、もう一度、人を信じてみようと思い直すのである。私も本心はアトピーが治ってほしいのです。一日も早く普通の人と同じように戻りたい。でも、そういう思いを持てば持つほど、世間に振り回されるし、努力しても治らなければ自己嫌悪にもなる。
 こういうことについても、一緒に考えてくれる医者がいたら、心強いのかもしれません。ちなみに私の場合、そういう治療法の医学的科学的根拠を信頼できるお医者さんに見せて、一緒に検討することにしています。ちなみに今まで、科学的医学的根拠は、うそという結論でした。

 以前、ある漢方薬局が、アトピーの原因をそれらしい根拠を立てて解説しているホームページがありました。ところがその漢方薬局が軟膏に無断でステロイドを混ぜていると言う報道がなされていました。そのとき、その薬局のリンクを張っていた、アトピーの当事者サイト管理者に、「この事態をどう思いますか」と、メールを投げたら、「当方のページからリンクを削除しました」とのメールだけが来て、「では当事者が、紹介したことで被害にあうかもしれない情報を扱ったあなたの責任は?」と問いかけたところ、お返事をいただけませんでした。決して悪気がなかったにしても、自分の手で被害者を作ってしまわないよう心がけないと、悪徳業者から利用されるだけになることだけは気をつけなくてはいけない。

 アトピーで育児疲れ?母親が幼女を殺し自殺
 28日午後10時35分ごろ、兵庫県三田市武庫が丘の男性会社員(41)方で、長女(4)が寝室で死亡し、妻も洋間で首をつって死亡しているのを、帰宅した会社員が発見し、119番した。

 県警三田署の調べでは、長女の首にハンカチが巻かれ、絞められた跡があった。会社員には、長女のほか生後10カ月の二女がおり、2人ともアトピー性皮膚炎だったという。妻は子どもが泣いて夜も寝られないと悩んでいたといい、同署は、妻が子どもの病気を苦に無理心中を図ったとみている。

 会社員は愛知県の会社に勤務。月曜の朝に出かけ、金曜夜に帰宅する生活を続けていたという。

毎日新聞 2004年5月29日 16時55分

 松岡さんのページの記事を見て知ったのだが、あまりも悲惨である。子供に何の罪のないのに、なぜ、子供を道連れにするのだろうか。この文化は日本に顕著であると、ある人から聞いたことがある。 

 子供の障害を受け入れることは親にとって難しいのかもしれないが、子供の生き死にの権利や、幸せの価値観は子供本人が決めることと言う認識がない、俗に言う共依存の極まった形なのかもしれない。

 話は変わるが、自分の国が他の国に占領されるかもしれないと考えて、人殺しするための武器を大量に買い込んでいる国は(軍事予算は世界第二位)、足元で生活に苦しみを抱えた事で国民が死んでいっている現実に目を向けられないのだろうか。(すでにアメリカに占領されていることもわからないのだろうか)

 国民を護る事は武器を買い込む事だけではない。国民一人一人がこのようなことがあっても生活を安心して送れる事を目指さない限り、自殺者を減らすことは出来ないだろう。最近の論調で考えれば、病気になったのは本人の努力不足だから自己責任で死んでくれと言う事でも言い出しそうで心配だ。

 自分の国の国民を安心させられない状況で、他の国の不幸ごとを解決できると真剣に考えているのだろうか。今一度、世界にも通用するような社会福祉厚生の制度を考え、その制度を輸出することで世界に貢献してもらいたいものである。

 体制批判ばかりしていても仕方ないので、アトピーを抱えることでおきる問題点を少しでも隣人に理解してもらう活動を粛々と進めるしか、今の私には出来ない。

 亡くなった方のご冥福をお祈りします。

私の心境

| | コメント(0) | トラックバック(0)

motoko.jpg
先日街を放浪していたときに撮ってしまった写真。

誰もいないシャッター通りを抜けた先には
何があるのか...

3月にもFMわいわいでのラジオのゲストで登場しましたが、今回も、ゲストに呼ばれたので登場することになりました。

6月12日土曜日午後1時よりkobeスクランブル交差点という番組でアトピー的自由計画の事業計画などを説明します。

FMわいわいの放送は神戸長田周辺限定ではなく
インターネットストーリーミング放送も行っているので全世界どこでも聞くことが出来ます。
http://www.tcc117.org/fmyy/

お時間のある方は是非お聞きください。

このアーカイブについて

このページには、2004年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年5月です。

次のアーカイブは2004年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.292