2004年1月アーカイブ

 Blogを導入してそろそろ一週間。ホームページ更新を1999年から2003年頃までまったくしなかった私がこうやって文章を書く気になったのもBlogが単なる日記サイトではないということが分かったからではないだろうか。
 Blogの代表的な機能はトラックバックやRSSといわれるものでなかなか文字だけで表現できないので、いろいろな方法で伝えていきたいのだが、実際に人と会って話をしてもすぐには理解が難しいものである。要はある人物の意見に対して、異なった意見を持った書き込みをしたくなったとした場合、今までなら相手に気づかれずに一方的にHPでどんどん批判できたのだが、トラックバック機能を使うことにより、相手のページに対して自分のページのこの書き込みを見てほしいという事を自動的に相手のページに伝える事ができ、その書き込みとリンクするのである。また、blogの更新はHPビルダーなどは使わないでいいし文字を書くことに専念もできるのである。一番いいのは自分で試しに使ってもらう事ではないかと思う。
 
 私は高山家ホームページにこそ情報は書かないものの、今まで伝えたいことはいっぱいあったのだ。しかし、ホームページに公開してもメールでの一方的な意見を受け取らされたり、公開が簡単な掲示板では一方的な誹謗中傷を受けかねないため結局ホームページや掲示板での発言はあきらめたのであった。今までインターネットのホームページは双方向性と思われていたのだが運営してみると言われっぱなしの言いっぱなしであったのだ。

Blog入門書

| | コメント(0) | トラックバック(0)

blogを松岡氏に薦められて早4ヶ月。ここまでの経緯を少し書いておきます。

 私がウインドウズ95発売の翌年に、パソコンに詳しいと評判だった、私を大学入試で合格させてくれたイギリス人の教授(裏口入学ではない)にパソコンの購入について相談したところからネットへのつながりが始まる。その教授は熱狂的なマック好きだということも私は知らず、マックのパンフレットをいっぱい渡され、「apple社のMacintoshを買わなかったらこれから相談乗ってあげない」と言われ、さらには授業の単位までmacを購入しないと危うそうな勢いだった。大体世間はwindows95発売で発売日に行列が出来、お祭ムードのときに、なぜか私の周りだけmac至上主義派にあたってしまったのである。ここは私の身辺の流れに乗るべきと決断したところからマイノリティーの世界に近寄っていってしまった始まりのような気がする。

 そして、windows95発売の翌年である1996年にパフォーマ5210を購入し、その教授にマック買ったからソフト頂戴!とお願いしに行ったところ、渡されたソフトはすべて英語。結局、英語がわからず、日本語版のソフトを一から揃える羽目になり、そこからマック地獄が始まったのである。それに一ヶ月間インターネットに接続できず、アクセスポイントの電話番号間違いなどでいたずら電話ばかりしながら、やっとのおもいでインターネットを始めたのだった。(この頃はインターネットの接続がホント難しかった)
 そして、初めて見たホームページはなぜかサラ金のアコムのページだったことだけは覚えているのである。その後、アトピーのページはあるのだろうかと調べだして、アトピーのホームページを見て初めて連絡を取ったのが松岡さんだった。
その頃、松岡氏もマックをお使いでその辺から妙な縁を感じ始めたのであった。
その時も、私にホームページを盛んに勧めるので、ホームページの言語って難しそうだし リンクをはるのってどうするかわからないし、なにをどうするのかわからないと散々ホームページ作成を拒んでいたつもりが、「html言語はbasicとは違う めちゃ簡単」とか、「プロバイダー契約しておきながらホームページエリアを放置しておくのはもったいなくないか」とか「マックはホームページ作成用PCだ!!」など散々説得された挙句
1996年10月高山家ホームページが誕生したのである。
 

Blog完成

| | コメント(0) | トラックバック(0)

atopy.orgのブログを運用開始しました。

このアーカイブについて

このページには、2004年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年6月です。

次のアーカイブは2004年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.292