アトピー的自由計画は下記のとおり、
6月20日に集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 6月20日土曜日PM2:00~
 ・場所 神戸学生青年センター 阪急六甲駅北東へ徒歩3分
 〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
 ・参加費 0円

 ・内容 今回は、アトピー患者同士の交流会です。
 一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費は無料です。

※事前に参加のご連絡を頂くと、場所の詳細や、当日変更があった場合の連絡ができますので、お問い合わせよりメールをいただけると幸いです。

 ※神戸学生青年センターへのアクセスは下記のURLを参照してください。
 http://ksyc.jp/facilities/map

アトピー的自由計画は下記のとおり、
12月20日に集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 12月20日土曜日PM2:00~
 ・場所 神戸学生青年センター 阪急六甲駅北東へ徒歩3分
 〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
 ・参加費 0円

 ・内容 今回は、アトピー患者を取り巻く環境についての意見交換とクリスマス会です。
 一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費は無料です。

※事前に参加のご連絡を頂くと、場所の詳細や、当日変更があった場合の連絡ができますので、お問い合わせよりメールをいただけると幸いです。

 ※神戸学生青年センターへのアクセスは下記のURLを参照してください。
 http://ksyc.jp/facilities/map

アトピー的自由計画は下記のとおり、
10月18日に集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 10月18日土曜日PM2:00~
 ・場所 神戸学生青年センター 阪急六甲駅北東へ徒歩3分
 〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
 ・参加費 0円

 ・内容 今回は、アトピー患者を取り巻く環境についての意見交換会です。
 一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費は無料です。

※事前に参加のご連絡を頂くと、場所の詳細や、当日変更があった場合の連絡ができますので、お問い合わせよりメールをいただけると幸いです。

 ※神戸学生青年センターへのアクセスは下記のURLを参照してください。
 http://ksyc.jp/facilities/map

アトピー的自由計画は下記のとおり、
8月9日に集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 8月9日土曜日PM2:00~
 ・場所 神戸学生青年センター 阪急六甲駅北東へ徒歩3分
 〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
 ・参加費 0円

 ・内容 今回は、アトピー患者会についての意見交換会です。
 一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費は無料です。

※事前に参加のご連絡を頂くと、場所の詳細や、当日変更があった場合の連絡ができますので、お問い合わせよりメールをいただけると幸いです。

 ※神戸学生青年センターへのアクセスは下記のURLを参照してください。
 http://ksyc.jp/facilities/map

 障がい者にも介助等の費用負担を求める、「障がい者自立支援法」という法律は障がい者には評判の悪い法律であった。詳細までは知らないが、障がいが重度になればなるほど負担が増える上に、障がい者の人権の尊厳を著しく傷つけるもので、障がい者が自立をしていないので、自立を国家が支援するという法律は憲法違反だと、障がい者団体が訴訟まで起こされていた法律。

 この法律を現政権で法改正を行ったそうだ。それが「障がい者総合支援法」だが、内容は何も変わらないまま成立したのだそうだ。何も変わらないならそれで良いんじゃないって思いがちだけど、その経緯を聞いて、「ええかげんにセイ」といいたくなる経緯であった。

 民主党はマニュフェストに障がい者自立支援法の廃止を掲げていたそうだ。そして、障がい者自立支援法を改正するに当たり、障がい者団体の意見を取り入れるべく当事者たちを招いて厚生労働省は障がい者制度改革推進会議総合福祉部会を立ち上げ、提言をまとめていたのだそうだ。

 しかし今回の障がい者総合支援法は当事者の提言をほとんど採用しないまま成立させたのだそうだ。

 その理由は自民党と公明党が修正協議で、現在の法制度を維持する事を目的に修正を加えたのだそうだ。

 修正する自民党や公明党も論外だけれども、政局が混乱しているどさくさにまぎれて過去に戻してしまうのであれば、何のために2008年政権交代があったのかまったく意味がわからない状態になっていないか?いったいどの地点の投票結果を持って民意と政治家たちは捉えているのだろうか。

 それに、社会的立場として援助が必要な人々たちを政治家が公の立場で、もてあそぶなど卑しさにほどがある。

 それに先日五日間の修正協議を経て急に成立した「違法ダウンロード法」これも、収益構造が急に変化している音楽業界のロビー活動により成立したのではないかと言われている。違法ファイルのアップロードはすでに罰則規定があるのに、ダウンロードした側にも罰則を科すというのが主な変更点らしいが、有権者の数よりもお金を政治家に渡す力が強いほうが国は協力してくれるというのであれば、お金が社会の倫理構造を変えてしまうことが出来るということを容認する社会で良いと言う事なんだろうか。

 お金重視で社会の倫理観を構築していくとお金持ちが生きながらえて貧乏人は搾取されながら死ぬという社会が現実としておこり、お金のために人が人を殺しあうという結末になるのがわからないのだろうか。

 個人一人ひとりの利益だけを優先する社会はやがて殺し合いという結果を招くだけで、人間同士が地球という共同体の中でどのような全体的利益を考えていくのかということは基本中の基本なのではないだろうか。

 次の選挙どうなるのでしょうか。私は現時点で政治に期待できない事だけがわかりました。民主主義って何なんでしょうかね。

 人間の倫理観の中で卑しいってどういう意味なのか、科学技術が発達し、お金の存在が大きくなればなるほど人間は卑しくなると、かの岡本太郎も言っていたけど、本当にそうなってしまっている現実の社会をもう一度冷静に見つめなおす必要がある。ちなみに卑しいと恥は違いますからね。

 ホームページの更新を怠っていて、久しぶりに記事を作成した。
 今いろいろと現在進行形で動いていることが多々ありまして、なかなか報告することは出来ないのですが、ひとつこれからの社会はこのように変わるのではないかということを書かせてもらいます。

 今まで日本に住んでいる人間への教育というのは、ただひたすら理由はあまり考えないで覚えることが出来るかどうかが評価の基準だったけど、それは、明治維新前後の日本社会が今で言う先進国や昔で言う欧米列強などという地球社会上の文明のほうが進んでいると思った明治政府が西洋の学問を覚えこませて追いつこうという姿勢の教育だったような気がする。しかし、今日本は先進国といわれ明治維新前後に憧れた西洋文化に今やドップリトつかってまねをするにもまねすることがないぐらいまでまねをし尽くした社会で、完全に西洋化したとまではいえないものの、気づけば科学技術は先端を言っているといわれている。今や日本にある問題は欧米列強といわれた時代の国に答えを求めてもない国となってしまった。

 ではこれから何が必要なのか。

 知識を覚える時代から、自ら考え自ら答えを出す時代へと移行していく過渡期になっているのではないか。

 アトピー性皮膚炎の治療方針における議論が一定しない理由ははっきり言って、病気の原因がわからないからであって、西洋薬(ステロイド)をどのように使うのかなんて考えてみればわかるが病気を治している特効薬でないことは明白であり、人体の免疫反応をただとめているだけで、なぜ免疫反応が起きているのかまではぜんぜんわかっていないのである。食べ物やほこり等の環境などを指摘している医師たちもいるが、人間の体はそんな単純なものではない。もし、さまざまな物質が体を冒しているというのであれば、免疫機能がその物質に反応しないように減感作療法を徹底して行い体に過剰に反応しないでねって教えてあげればいいだけなんだけど、反応する物質が悪いと考えて逃げ続ける考え方が治療なのかと思ってしまう。

 要は少しの成功体験がすべてを解決するという単純な議論が社会的に権威とされている人々が国家を巻き込んで正論であると叫んでいることがばかげているのである。

 少しの成功体験「ステロイド」や「アレルギー反応」という現在わかっていることだけを突き詰めても本当の問題解決にたどり着けるわけはない。この現象はアメリカとの戦争のときに精神論で「突撃」を繰り返した軍部の発想や、「原子力は絶対安全ですと宣言」して原発事故を起こした東電とまったく同じである。

 こういう時代だからこそ、これだけアトピー性皮膚炎の治らない患者が現実問題としている以上それを、「ステロイドを使おうとしない患者」に責任があるとか、「ステロイドを危険視する医師が悪い」とか言っているが、本当はステロイドを使っても使わなくても病気が治りにくいという現実にいつ今、学会を仕切っているやつたちは気づくのだろうか。

 そして、ステロイドだけ使って治療を簡単にするためにステロイドは安全ですということを認めさせたい体制側の姿勢自体がステロイドを使わなくても治ったり、ステロイドを症状が治まるまで大量に使い続けていても治らない患者がいるという多くの事象を認めようとしない視野の狭さ、これはマインドコントロールを行うとする宗教団体や独裁政治と変わらないのである。

 そして、ステロイドは危険だとか言ってその反対の理論を体制側とまた同じ姿勢で反対している人たちもいるけど、それもまた、ステロイドをやめたって一向にアトピーが改善しない患者も存在することを認めようとしない姿勢は、マインドコントロールしようとする体制側の姿勢に変わりがないのである。

 今の時代に何が必要かといえば、一人ひとりが自分なりに病気と向き合えるための方法をいろんなことを体験しながら見つけていくという、患者の自立が大事なのであって、正解を持っているかのような医師たちに振り回される時代ではないのだということを患者が理解すべきである。アトピー性皮膚炎の答えを今の皮膚科医たちには答えがないということを患者が理解してそして、それでも患者のやりたいことを手伝ってくれる医師を増やしていくことが患者として自立できる社会になるのではないか。

 患者よ、医師に答えを求めるのはやめよ!!宗教にも民間療法にも温泉にも患者の体験談にもあなたにとって必要な答えではない可能性が高いのだ。それよりもあなた自身の中に答えがあるんだ!!それが何なのかを一緒に考えてもらえる医療を考える時代に来たことをこの3.11や原発事故以降社会の構造転換として必要な時代が来たと最近思う日々である。

 何も医療に関わるなといっているのではない。患者の考えを否定してまで自分たちの考えを押し付けてくる医師たちには向き合う必要はなく、患者が考えていることに対して手伝おうとしてくれる医師を見つける必要があるのだ。一人ひとりアトピー性皮膚炎に対する答えは違うのである。なので、病気の治療法の最大公約数があなたにとって本当に必要なこととは限らないことを認識してほしいのである。

 4月16日の集会は主催者の都合により中止いたします。
 ご参加を予定されていた皆様にご不便とご迷惑をおかけします。
 今回の決定について心よりお詫びいたします。 

アトピー的自由計画は下記のとおり、
4月16日に集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 4月16日土曜日PM2:00~
 ・場所 神戸学生青年センター 阪急六甲駅北東へ徒歩3分
 〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
 ・参加費 0円

 ・内容 今回は、ラジオ放送についての意見交換会です。
 一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費は無料です。

※事前に参加のご連絡を頂くと、場所の詳細や、当日変更があった場合の連絡ができますので、お問い合わせよりメールをいただけると幸いです。

 ※神戸学生青年センターへのアクセスは下記のURLを参照してください。
 http://www.ksyc.jp/map.html

 このたびの、東北太平洋沖大震災で被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

アトピー的自由計画は下記のアトピー患者向けラジオ放送をしています。

 1. 放送日時:2011年3月13日日曜日16:00-16:30
 2. 放送局:FMわぃわぃ
  http://www.tcc117.org/fmyy/
 3. 番組表(第二日曜日):
  http://www.tcc117.org/fmyy/timetable/sun.html
 4. 概要:
   司会:           FMわいわい 金 千秋
   パーソナリティー:   しみずクリニック医院長 清水 良輔
              :   株式会社KIPP 臨床心理士 井上 浩孝
              :   アトピー的自由計画 高山 哲是

●番組の内容
第5回ということですが、
    テーマは「「治療する側とされる側の関係性で起こっているアトピー治療の混乱と
    今後の必要な医師と患者の関係性と医療のあり方と制度」
    について、医師と心理士と患者が議論をしています。

●番組の詳細
 番組の最終回ということで、アトピー性皮膚炎の治療に心理的アプローチがなぜあまり注目されないのか。そして、現状の皮膚科診療で抱えている問題についても議論をしています。
    
    
 なお、放送後は下記のアトピー的自由計画特設ホームページでポットキャスティング(インターネットラジオ)として聴衆できます。
 http://www.atopy.org/rhythm/

アトピー的自由計画は下記のとおり、
2月26日に集会を開きますので皆様、振るってご参加ください。

 ・日時 2月26日土曜日PM2:00~
 ・場所 神戸学生青年センター 阪急六甲駅北東へ徒歩3分
 〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
 ・参加費 0円

 ・内容 今回は、ラジオ放送についての意見交換会です。
 一人で家にいるよりみんなで話すほうが楽しいという理由でも結構です。理由はともあれアトピーという同じ悩みを持った人同士で話が出来る場なのでぜひご参加ください。参加費は無料です。

※事前に参加のご連絡を頂くと、場所の詳細や、当日変更があった場合の連絡ができますので、お問い合わせよりメールをいただけると幸いです。

 ※神戸学生青年センターへのアクセスは下記のURLを参照してください。
 http://www.ksyc.jp/map.html

タグクラウド

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.292